menu

お墓のお引越しについて

お墓は引越しできるんです
こんな悩み抱えていませんか?
いろんな悩み一覧
このような悩みを解決します
お墓のことで悩んでいる方が増えています

「お墓が遠くて管理が大変」「お墓を守ってくれていた親戚がいなくなった」「お墓参りの出費が大変」「墓地管理者とのお付き合いに悩んでいる」など、お墓のお引越しを考える方が増えています。

「お墓の引越しって出来るの?」「どうやってするの?」など不安も多いお墓の引越しですが、実際にお墓を引越しをされたお客様からは「引越しして良かった」との満足の声が寄せられています。

あらき石材では専門スタッフがご相談をお受け致します。どのようなことでも結構ですので、ご遠慮なくご相談下さい。

お墓の引越しの種類
お墓の引越しを行う場合、一般に考えられる方法として下記3つがあります。
引越し先に移動できるのは、一般的に石碑と骨壷のみとなります。納骨棺や外柵と呼ばれる周りの石は移動できません。(移動先の墓地と寸法が合わない為)
お墓まるごとお引越し

現在の墓所は石碑移転後に更地に戻します。

※石碑を持ち込める墓地と持ち込めない墓地があるので確認が必要となります。又、現在の石碑寸法に合った墓地を探さねばなりません。

お墓まるごとお引越し

お墓の一部である石塔などを引越しします。

お墓まるごとお引越し

石碑は新しいものをご用意ください。現在の墓所は撤去処分後に更地に戻します。

※一番多いケースです。
遠方からの輸送費を考えると①のケースより費用がかからない事が多いようです。

お墓まるごとお引越し

石碑は新しいものをご用意ください。現在のお墓はそのまま残します。

移転する先の墓地のめどをつけておきましょう。
提出しないといけない書類を準備しましょう。
家族や親戚に事情を説明しましょう。

 

お墓やお骨を勝手に移動することは法律で禁止されています。

所定の手続きと法律に則って行う必要があります。

【 墓埋法 】

お墓や埋葬は「墓埋法」よって規定されています。墓埋法は正式名称を「墓地、埋葬等に関する法律」といい、昭和23年に制定されたお墓や埋葬について細かく定められた法律です。

そして、この法律の施行細則を定める法令として、厚生労働省令の「墓地、埋葬に関する法律施行規則」があります。ここで、お墓の法律的な定義、お墓に埋葬する場合の手続き、お墓の管理に関する規則や罰則を定めています。

【 霊園・墓地の使用規則 】

使用する霊園・墓地によってそれぞれ「利用規定」や「使用規則」があり、使用者の資格、使用の目的、墓地使用料・管理料、使用を取り消される場合の規定などが定められています。

規定・規則に当てはまらないと使用を認めてもらえなかったり、違反した際は場合によって墓地の返還を求められたりすることもあります。新しくお墓を購入する前に、その霊園・墓地の規定や規則内容をチェックして、把握しておきましょう。

 

お墓のお引越し 手続きの流れ
STEP1 お墓の引越し先の墓地・霊園を決めて「受入証明書」「墓所使用許可証(永代使用許可証)」を発行してもらいます。
STEP2 現在の墓地管理者にお墓の引越しを相談し、承諾してもらい「埋葬証明書」をもらいます。
STEP3 現在の墓地がある市区町村役場で「改葬許可申請書」をもらいます。
「step.2」の「埋葬証明書」と、署名捺印済の「改葬許可申請書」を提出し、受理されると「改葬許可証」を発行されます。
※申請書・許可証は遺骨毎に必要です。
※改葬先の「墓所使用許可証(永代使用許可証)」または「受入証明書」の提出が必要なこともあります。
STEP4 現在の墓地管理者に「step.3」の「改葬許可書」を見せて、遺骨を取り出します。その際に「閉眼供養」「抜魂供養」「遷座法要」「遷仏法要」等を行います。
※宗派・寺院によって法要の主旨・言い方は異なります。
STEP5 取り出したご遺骨は、あらき石材が責任をもってお運び致します。
「改葬許可証」をお墓の引越し先の墓地管理者に提出して遺骨を埋葬します。
「納骨法要」「開眼供養」「建碑法要」等を行います。
※宗派・寺院によって法要の主旨・言い方は異なります。
STEP6 現在の墓地は、墓石を撤去し墓所を更地に戻し返却します。
※詳細は墓地管理者またはあらき石材店ご相談ください。
完了
あらき石材のサービス
あらき石材のサービス
あらき石材のサービス

 

防衛弘済会指定店・よかエコショップ認定店
〒826-0911 熊本市東区健軍2丁目19-13 tel.096-368-2651 fax.096-368-2540
Copyright 2005 ARAKI-SEKIZAI Inc. All rights reserved.