地震後、二回工事させて頂きました。 地震後、二回工事させて頂きました。 0120 53 4114

新着情報一覧

お墓のリフォーム

  • 地震後、二回工事させて頂きました。

    ISO9001 品質基準お墓のリフォームお墓事例集

    熊本市中央区帯山一丁目墓地です。 完成しました。 石塔部分は再利用しての完成です。(山口県産 徳山御影) 工場での加工←クリック 納骨室の入口は後ろ側です 扉を後ろ側にした時のメリット沢山あります^^ 今回お手伝いさせて […]

    続きはこちら
  • 再利用部分の加工

    ISO9001 品質基準お墓のリフォームお墓の施工・情報

    益城工場にて、墓石建て直し工事に使う、再利用部分の加工です 現場では分解できなかった石塔部を切ります! 分解できなかった理由は、石塔部にステンレスの芯が入っているためです。 これは取れません。 なので、工場に持ち帰り、ダ […]

    続きはこちら
  • 空飛ぶお墓!

    お墓のリフォームお墓の引越し加工 工場

    熊本市中央区帯山1丁目墓地 お墓の建て替え工事です。 まずは、ラフタークレーンを入れます 道路を通行止めにして作業します   今回の石塔部は山口県産徳山石です この部分は再利用のため一旦持ち帰りますが、 熊本地 […]

    続きはこちら
  • 納骨室を使いやすく快適?に!

    お墓のリフォームインドの石

    菊池市旭志で、改修工事です! 陶器のお墓ですが、中の湿気がすごいと言う事で・・・ お墓全体から水を吸ってるようだったので、水を吸いにくくする! それと、お墓の換気を良くする! そして、納骨した入り口を扉式にする! 以上の […]

    続きはこちら
  • 既存の石塔を使っての建て替え工事

    ISO9001 品質基準お墓のリフォームお墓事例集

    熊本市 日蓮宗の某お寺様 熊本地震で倒壊したお墓の建て替え工事で、福岡のお客様からのご依頼です。   解体して、基礎工事 そして建込工事 石塔部は、既存のものを再利用です。 地元熊本の島崎石が使用されていました […]

    続きはこちら
  • お墓を切断します。

    お墓のリフォームお墓事例集二世帯のお墓

    熊本市南区 くっついてる2件分のお墓を切って、建て直します。 ステップ1切断、解体工事   このお墓を・・・切ります。 そして解体。 切り目は、コンクリートで仕上げます。 そして解体した方は、次は基礎工事です。 […]

    続きはこちら
  • 宮崎からの移転完了!

    お墓のリフォームお墓の引越し墓なおし

    熊本市営 小峯墓地です。 宮崎からのお墓の引っ越しが完了しました。 取り外し(宮崎の現場) ← クリック 補強のための加工 ← クリック 最後の作業 竿石の設置です。^ ^       &n […]

    続きはこちら
  • 移転に伴う補強加工です!

    お墓のリフォームお墓の引越し加工 工場

    本日は・・・ 最高のお天気で現場日和ですが・・・ 1班は工場にて墓石移転のための、補強加工を行っています。          

    続きはこちら
  • 海の見える高台からの移設工事

    お墓のリフォームお墓の引越し墓おろし

    宇土市長浜町〜不知火霊園へ移設工事です。 長浜町の山の中腹 眺めがいい所です^ ^ 工事着工 ← クリック 分解取り外しをしてから、工場に持ち帰り。 補強金具の加工です。 現地は基礎工事をして、建て込み工事! 移設完了! […]

    続きはこちら
  • フタ開けて納骨です。

    あらきサポート業務お墓のリフォームアフターサービス

    熊本市営 小峯墓地です。 コレからお墓のフタを開けて納骨です。 熊本地震で倒壊したお墓を、一旦、工場に持ち帰り、加工して復元しました。 組み直し工事←クリック   その前に、立田山から花岡山を〜^ ^ 隣には熊 […]

    続きはこちら
  • 墓なおし。移設、改修です^ ^

    ISO9001 品質基準お墓のリフォーム墓なおし

    熊本市西区 某お寺様境内墓地です。 建立して、十年弱 どなたも入ってらっしゃらないお墓ですが、熊本地震にて倒壊しました。 お客様のご自宅の近くに移転を兼ねて、修復しました。 先ずは取り外しです。 再利用する所は取り外して […]

    続きはこちら
  • 組み直し、再生しました。

    お墓のリフォームお墓の施工・情報日本の石

    熊本市営 小峯墓地です。 熊本地震にて倒壊 お客様のご要望で少し形を変えて、再生しました。   着工前。 灯篭と門柱だけは残っていますが、そのほかは原型がわかりません。   まずは、解体、取り外しです […]

    続きはこちら