お線香の本数?? お線香の本数?? 0120 53 4114

新着情報

お線香の本数??

2020.11.19

いよいよ寒くなるぞー!

って言って早2週間平野です!

思ったよりも温かい11月で驚いてる中、皆さまいかがお過ごしですか?

 

さて今回はタイトルにもございますように、お線香の本数についてです!

お線香の本数ってどういうこと?

と思われた方はたくさんいらっしゃると思います。

ですがこの知識はきっと役に立つと思いますのでぜひご覧いただけるとありがたいです!

 

 

これからお正月に向けてお墓やお仏壇へ参られることが多くなると思います、その時に必ずと言って良いくらい使用するものがございます、それがお線香です!

 

お参りをする際、使用するお線香にはどうやら本数があるそうです。

調べてみました!

(これは、いい感じに撮れた写真です😁)

 

 

まずお線香をお供えする意味とは?と私は思ったので調べたところ、線香とは3つ意味があるらしく

『故人様の食べ物になるため』

『自身の身を清めるため』

『故人様と心を通わせるため』

だそうです。

(※細々とした宗教的な意味合いはあるみたいですが、難しすぎることはちょっと分からず奥が深すぎるのでここでは割愛させていただきます。😅)

 

お線香にはこのような意味合いがあるみたいです、私も参る時は意識してみようと思いました。

 

そして本題の本数ですが

これは宗派により異なるそうです!

 

調べてみて出てきたのを簡単に書いてみようと思います!

 

(※お墓にお線香を供える場合です、お仏壇とは少々異なるようです。)

 

まず浄土宗、、、決まりはないらしいです!

浄土真宗、、、決まりはないらしいです!

天台宗、、、決まりはないらしいです!

と、とりあえずここまでです。

本数に決まりがないという宗派もありました、決まりがありそうだと思っていたのですが意外にも決まりはないみたいで、一本でいいらしいです!

ただ浄土真宗は線香を立てずに火を左側にし横に寝せて置くという違いがあるみたいです。

 

 

ここからは決まりがあります。

 

曹洞宗、、、基本的には1本らしいです。お線香をまっすぐ立てた後おりんを3回鳴らすそうです。

 

日蓮宗、、、1本もしくは3本らしいです。

(人数が多い場合などは1本というケースがあるらしいです。)

この3本の意味は

1本目はお釈迦様の分

2本目はお釈迦様の教えの分

3本目は僧侶への分という意味合いがあるらしいです。

 

臨済宗、、、1本もしくは3本らしいです。

仏具に三本足がついてるいる時は3本と言われているらしいです。

仏様やご先祖様に角が立たぬよう手前の真ん中に1本。

奥に2本立てる逆三角形が基本らしいです!

(同じ臨済宗でも1本という地域のお寺もあるみたいです。)

 

真言宗、、、原則3本これは臨済宗と逆で正三角形になるように立てるのが基本らしいです。

 

ここまで調べてみました!

地域差があったりするみたいなので事前にお寺様に尋ねておくといいかもです!

ですがそう簡単に尋ねられない部分はあると思うのでこの記事の内容を知っておくといつか役に立つかもと思いました!

 

同じお墓参りの線香で違いがあるとは思いもしなかったです。

何気なくお参りしている部分は私自身あったのでこういうことを知った上でご先祖様にお参りできると、また気持ちも違うなあと感じました。

 

お墓参りってこの仕事に就くまでさほど重要視してなかったですが、色々と調べて経験を積んでいくとお墓自体、長い歴史があり、

ちゃんと宗教的な意味合いが存在してるので蔑ろにせず、残して伝えていきたい日本の文化だなと思います。

 

今年の正月は3密をさけ田舎にあるお墓にでもお参りに行こうかなと思いました!

 

ご先祖様に日々感謝し今年も来年に向け頑張ります!

 

カテゴリー: