menu

あり得ない解体工事

2013-11-17

うちのお客様が熊本市営墓地をお求めになられました。

墓石本体の契約も済んで、早速、基礎コンクリート工事です。

その区画は元々お墓が建っていた墓地で、元の使用者がその墓地が不要になり、熊本市に返還。
返還するにあたりお墓を解体しなければいけないのですが・・・

見た目は山砂が蒔いてあって、綺麗に解体してありました。
解体後は、墓地の管理人さんがチェックもしているはずです。

しかし、私たちが基礎工事を着工したら、なんと山砂の下には、コンクリートが残ってました(-。-;

なんと!
解体をした墓石店は、見える所だけを解体して、地面より低いところはそのままでその上に山砂をまいていたのです。

20131115-191537.jpg

酷い話です。
でも、その工事を確認、書類を受理した熊本市。

その残ったコンクリートを解体して、産廃処分したのは弊社です。
その費用は誰が?

この後、どう進展するのでしょう!

この様な解体工事を行った石材店は、お墓を建てる時も見えないところはどうしているのやらと感じた出来事でした。

2年前の記事

カテゴリー: 未分類 
防衛弘済会指定店・よかエコショップ認定店
〒826-0911 熊本市東区健軍2丁目19-13 tel.096-368-2651 fax.096-368-2540
Copyright 2005 ARAKI-SEKIZAI Inc. All rights reserved.