menu

わが母校

2007-12-01

熊本市立健軍小学校

ココは私が23年前通っていた小学校です。

そこから
『健軍の名人に習おう』
の授業で 「なんか石で作ってもらえませんか」との依頼
時間は1~2時間
(先日は約30人の子供達が健軍本社に来ました) ←クリック

しかし・・・
なんか作れといわれても・・・

最初はやわらかい石を持って行き
彫刻をしようかと思ったが・・・
『地味すぎる』 『パッとしない』

子供達が 『をーーーーっ』
となるような何か?と考え・・・

そうだ、アレにしよう。

 チョッと前に石を磨く授業があったみたいなんです
(うちの子がやってました)
それを思いだし、

『本物の石磨き』を見せてあげよう
磨く前と、磨いた後ではまったく見た目の変わる御影石。
特に黒御影

当日、磨きに使う道具を積み込み
いざっ 健軍小学校へ・・・
07120101.jpg


場所はグラウンド

使う道具はこんな道具

07120102.jpg

凸凹の表面を赤線に沿って削り
研磨をかけます。
(平面と丸み)
07120103.jpg
 

07120104.jpg
 

何をやってるかわから無いといけないので
一つ一つの工程を説明しながら作業を進めます。
07120105.jpg
 

まずは切断(凸凹の山を取ります)
07120107.jpg

次に削りだし(丸みを取ります)
07120108.jpg
 

そして研磨(磨きです)
07120106.jpg

コノ作業
目の粗い研磨板から目の細かい研磨板まで8工程行ないますが・・・
単純な作業なんです(奥は深いのですが)

そこで感じたのは・・・
子供達に飽きが来る

ヤバイ。と感じ
あきが来ないように考えながら
「説明をしながらスピーディーに作業をします」

そして研磨終了。

手早くやった割には綺麗に磨きがかかり
私も大満足。
子供達も『スゲーっ』 『きれー』とか

黒御影は元々グレー(白っぽい)で磨くと真っ黒になるんで
磨いた事が見た目でわかりやすいんです。
(むっふっふっヾ(☆▽☆)  計算どおり)
07120109.jpg
 
皆さんに感激していただけました

 

『磨き』が終わりまだ時間があったんで、
もう一つ準備していた『実演』

『石割』 ←クリック
大きな石を割るということはなかなか無い事なんで・・・


①まずは子供達にハンマーで石をたたかせる。
(そこで石は簡単には割れないという事を感じさせる)

②次にドリルで穴をあける。
その時思った・・・
コレも単純作業なんで子供達に飽きが来る

そうです!そんなときは

子供達に穴をあけさせてしまえ~

しかも使った事のないドリルを使わせる。

危険はあるかもしれないが、
補助してあげれば立派に出来るはず

そんな感じで
30人(男の子・女の子)みんなにドリルを使ってもらい
穴をあけてもらいました。
07120110.jpg

③でその穴に『せり矢』を入れて石を割る。

07120111.jpg
 
割れた瞬間・ひびが入った瞬間
「をぉ~~っ」 「スゲー」と歓声が上がる
私も何度やってもコノ瞬間は『やってやった~』の気持ちになります。

途中、巧と記念撮影
先生が撮ってくれました。
07120112.jpg

約一時間半の実演
こんな事でよければいつでもやりますよ~

わが母校の為ですから。。

 

 

2年前の記事

防衛弘済会指定店・よかエコショップ認定店
〒862-0911 熊本市東区健軍2丁目19-13 tel.096-368-2651 fax.096-368-2540
Copyright 2005 ARAKI-SEKIZAI Inc. All rights reserved.